外構DIY!!駐車場のコンクリート目地を芝生から変える

DIY

こんにちは。カネリです。皆さんのご自宅の駐車場にはコンクリート目地がありますか?

ここで言う目地というのは、写真のように、駐車場のコンクリートが一続きになっておらず、

コンクリートの間に隙間があることをいいます。

私の自宅は建売で購入しましたが、駐車場の目地部分に芝生が敷き詰めてありました。

最初は「きれいだな」と思っていましたが、この芝生、意外とやっかいなんです。

何がやっかいなのかというと、

  • 芝生のシーズン中は、こまめにカットする必要がある
  • 庭の芝生と違い、どんどん縦に伸びて盛り上がってくる
  • 伸びた芝生に落ち葉やゴミが絡まる
  • 芝生があるので雑草を抜くのが大変
  • 手入れをしていないとみっともない

などがあります。

きっとコンクリートの目地が芝生の方がご覧になったら、共感していただけると思います。

道路に面する駐車場がみっともない姿なのは嫌ですよね。だからといってこまめに手入れするの難しい。

そんな理由から我が家では、芝生を剥がして手入れのいらないものにDIYすることにしました。

そこで今回は、駐車場の目地(隙間)の部分を芝生から手入れ不要なものにDIYする方法を紹介します。

芝生から何に変えたのか。そして、他にはどういったものがあるのかも紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。

結論:透水アクリストーンがおすすめ!!

我が家のコンクリート目地を何に変更するかは、とても悩みました。

悩んだ理由は、

  • 失敗して見栄えが悪くなったらどうしよう。
  • 草が結局雑草が生えてきてめんどうになったらどうしよう。
  • 虫が湧いたらどうしよう。
  • 施工を失敗して取り返しがつかなくなったらどうしよう。

というものでした。

そんな中、数々の選択肢の中から選んだものが透水アクリストーンです。

↑こちらがアクリストーンです。少しわかりにくいと思いますので、我が家の写真をご覧ください。

施工前の写真

↑こちらは冬場に撮影した施工前の写真です。冬場は枯れる高麗芝ですが、夏場に伸びたままカットしていなかったため、このように盛り上がった状態で枯れ葉などが絡まっていました。

施工後の写真

↑こちらは施工直後の写真です。素人ながらきれいに仕上げることができました。

アクリストーン施工後の拡大写真

↑こちらは拡大写真。今回は、天山グリーンという色にしました。ちなみに上に見える砂利は、今回とは関係ありません。

不安だった施工も素人ながら綺麗にすることができました。

透水アクリストーンってなに?

そもそも透水アクリストーンってなに?とお思いの方も多いと思います。

透水アクリストーンとは、自然石をウレタン樹脂でコーティングし固めたものです。

購入時は4~6ミリのさらさらしたきれいな小石なのですが、バインダーという液体と混ぜることで、ガチガチに固まります。

そのおかげで飛散することもありませんし、似たような商品であるエポキシ系樹脂と比較して耐久性、耐候性、強度に優れていると言われています。

わが家が施工したのは約3年前ですが、今も全く問題なく形と色を保っていますよ。

また、透水という名前のとおり水を通し、水たまりや水はねを防いでくれるので、雨でも快適です。

色は15種類あり、そのうち4種類は駐車場対応と表記されています。

アクリストーンの色一覧

透水アクリストーンカタログページから引用

引用元:https://www.taisei-fc.co.jp/business/functional/doc/pdf/acristone.pdf

私が施工した天山グリーンは駐車場対応ではありませんが、コンクリートの目地に入れる場合は幅が狭く負荷がかかることがないので、駐車場対応でなくても問題ありません(コンクリートから盛り上がらないように施工する必要はあります)。

施工方法については後程説明させていただきますね。

他の目地対策には何がある?

透水アクリストーンがおすすめというものの、「他の選択肢も検討したい」という方のために、他の目地対策にはどのようなものがあるのかも紹介します。

人工芝

タンスのゲン 人工芝 ロール 超リアル 極細 高密度 芝丈35mm 幅1×10m U字ピン24本付 春秋色グリーン 50900017 13AM(68844)

人工芝なら当然、お手入れは不要となります。

しかし、張替えは必要となってくるので注意が必要です。張替えのタイミングは商品によって大きく異なり、短いものだと2〜3年。長いもので7〜10年となります。

人工芝とするのであれば、耐UV材のものを購入すると良いでしょう。

その他注意点として、施工するのであれば、これから説明する他の商品を含め、下地処理を十分に行う必要があります。

芝を剥がして人工芝を敷いても芝生や一部の雑草の生命力は強力で、隙間からまた生えてくることになります。

人工芝などの下に防草シートを張っても、コンクリートとの境目はどうしても雑草が生えやすくなりますので、下地をコンクリートにするなど、今後のためにも十分な雑草対策が必要でしょう。

砂利

ナチュラルマーブライト ピンク 15mm 20kg(12.5L)

きれいな砂利を敷くと、見た目が良くなりますよね。しかし、駐車場においてはおすすめできません。理由は、どうしても目地部分から砂利が飛び出してしまうからです。

固まる砂利

小砂利散乱防止剤 固める スプレー 土 歩ける 小石 簡単 墓地 庭 お手入れ

砂利のデメリットをなくす方法として、このような砂利を固めるスプレーがあります。こちらの商品を使用すれば、砂利が固まり、飛び出す心配がなくなります。

我が家も固まる砂利について検討しましたが、田舎でムカデの多い地域であるため、砂利の隙間にムカデが入ってしまうのではないかという心配があり、砂利の選択はしませんでした。

固まる土

【固まる土】まさ王スーパーハード ライトオレンジ15kg

最も簡単に施工できる方法としては、こちらの「固まる土」となります。

商品の土を撒いて、水をかけるだけで固まりますし、コンクリートとの隙間も少なく、脇から雑草が生えてくる確率も低いです。

注意事項としては、十分な厚みを持たせることが必要です。我が家は別の場所に施工していますが、脇から生えてきた雑草を抜いたところ、固まる土が割れてしまい、残念なことになってしまいました。

レンガ

YPC デザイン小物 赤レンガ 2ピース レンブロックカバー

隙間をレンガにするという方法もありますが、丁度いいサイズがあるのか、一つ一つ水平をとって施工できるのか、素人には難しい点があるかと思います。

ピンコロ石

ピンコロ石 御影石 サビ 半丁 黄色 石 サビ御影石 庭 駐車場 石材 半ピンコロ 約90×90×50mm 20個

こちらのピンコロ石もレンガ同様です。かわいく仕上げることができそうですが、こういった石やレンガの場合はプロにおまかせする方が無難でしょう。

竜のひげ(玉竜、リュウノヒゲ、ジャノヒゲ)

タマリュウ【ポット】120個産地直送 「タマリュウ専門店」

竜のひげは、暑さ・寒さ・乾燥にも耐えうる強靭な、常緑性の多年草です。

水やりなどの手入れが殆どいらず、緑もあって景観は良いですが、雑草は生えてきます。

また、芝生を剥がした後であれば、必ずと行っていい程、どこからかまた芝生が生えてきますので、

そのあたりの対策が必要となります。

透水アクリストーンの施工に必要な道具

上記の選択肢の中から、「やっぱりアクリストーンにする」という方のために、施工方法をお伝えします。

まず、必要な道具はこちら

  • コンクリート材料
  • 金コテ
  • 水バケツ
  • 園芸スコップ
  • 平スコップまたは左官鍬(くわ)
  • トロブネ(練り舟)
  • 透水アクリストーン本体
  • ペイント薄め液
  • 布切れ
  • ゴム手袋

ひとつずつ確認していきましょう。

◆コンクリート材料

家庭化学 インスタントコンクリート グレー 10kg

コンクリートはアクリストーンの下地を作る際に使用します。

こちらの商品は、水を加えるだけでコンクリートになる商品ですが、砂利と砂とモルタルを混ぜ合わせて作るものでも構いません。

◆金コテ

赤長 左官ごて 3点セット 中塗り180mm、柳刃105mm、目地コテ9mm

金コテは写真のような3種類あるものを購入しました。今回は、中サイズ柳刃105mmと目地コテ9mmのものをよく使用します。

◆水バケツ

テラモト じょうぶバケツ 14L

こちらの水バケツは計量することができ、コンクリート作業初心者の方には非常に便利です。我が家も愛用しています。

◆園芸スコップ

千吉 刃先焼入れ+研磨処理 堀楽スコップ 300mm SGT-21

こちらはアクリストーンを目地にいれる際に使用します。100均のもので十分です。

◆平スコップまたは左官鍬(くわ)

自然 ステンレス パイプ柄 平鍬 450mm

こちらの平鍬は、コンクリートを練る際に使用します。少量作るのにわざわざ購入したくないという方は、平スコップでも代用できます。

ガーデンフレンズ スチールパイプ柄ショベル 角型

◆トロブネ(練り舟)

緑長 プラスチック製トロ舟 20L グリーン

トロブネは、コンクリートを作る際や、アクリストーンをバインダー(アクリストーンを固める液体)と混ぜ合わせる際に使用します。

◆透水アクリストーン本体

アクリストーン本体は、色だけでなく、石のサイズや購入する際の量も種類がありますので、施工場所の広さに合わせて、購入量を決めましょう。

◆ペイント薄め液

カンペハピオ 得用ペイントうすめ液 400ML

こちらは、トロブネを洗う際に、トロブネにこびりついたアクリストーンを剥がすために使用します。

◆布切れ

アサヒペン PC綿100%布ウエス 1KG PCW-1000

布切れについてはわざわざ購入せずとも、ご自宅にある不要な布で構いません。

◆ゴム手袋

ダンロップホームプロダクツ ホームプロダクツ ゴム手袋 作業用 ニトリル ワークハンズ 薄手 裏毛なし ブルー M 油 薬品に強い B-133

手袋は、バインダーなどの液体が手につかないようにするために使用します。

透水アクリストーンの施工方法

施工方法については、写真がありませんが、簡単に説明させていただきます。

  1. 芝生を抜く
  2. 下地に必要な深さまで掘る
  3. コンクリートを作成する
  4. コンクリートを施工する
  5. 乾かす
  6. コンクリート面を清掃する
  7. アクリストーンをバインダーと混ぜ合わせる
  8. プライマーを塗る
  9. アクリストーンを施工する

手順としてはこのようになります。

下地に必要な深さとは、仕上がりの深さ(我が家では5mm)アクリストーンの厚み(1cm)とコンクリートの厚み(5cm)を加え、6.5cmとなるよう掘ります。

仕上がりの高さはコンクリートより少し下げることで、車の荷重がアクリストーンにかからず、破損等をふせぐことができます。

コンクリートの厚みについては、コンクリート目地の場合は荷重がかかりませんので、5cmあれば十分です。

その他注意点としては、プライマーは、綺麗に塗りましょう。見える部分に塗ってしまうと、コンクリートの色が変わってしまい、見栄えが悪くなるからです。

まとめ

今回は、外構DIYにより、駐車場のコンクリート目地を芝生からアクリストーンに変える方法を紹介しました。

施工がうまくいくかというところが不安でしたが、下地のコンクリートは綺麗に施工できなかったものの、アクリストーンはコンクリートと比較して扱いが容易で、綺麗に仕上げることができました。

この記事をご覧の皆さんも、きっとうまく施工できると思います。

施工から3年。今でも、一番良い選択をしたと思っています。

芝生の手入れをする必要が全く無く、見栄えも良くなり大変満足しています。

同様の悩みがある方のために記事を書かせていただきましたので、芝生からぜひ透水アクリストーンに変え、快適な暮らしの手助けになればと思います。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました。

また次のブログでお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました